活動報告

第55回 中央園児大会

第55回目を数える今年度の中央園児大会は、去る5月12日に京都府立植物園を会場として行われました。
山田啓二京都府知事様のご臨席を賜り、園児・保護者・教職員総勢約4,000名のご参加をいただき、盛大に開催されました。

 今年度は、平成28年秋に京都府で開催されます『森の京都 第40回全国育樹祭』にあわせ、大会のテーマを『こどもがまんなか』~元気もりもり、夢いっぱい つながる心が未来をつくる~と題し、子ども達一人ひとりが“森の精”に変身して参加しました。会場の中央に“元気もりもり大きな木”を作り、子ども達が葉っぱをつけ、緑がいっぱいの大きな木を作りました。また、「元気もりもりアスレチック」「フラワーオセロ」「どうぶつパズル」などの遊びやフィールドビンゴも楽しみました。山田知事様も子ども達の輪の中に入っていただき、子ども達も大喜びでした。

 楽しい遊びの後、山田知事様を中心とし、運営委員の先生によるバンド演奏とともに式典の始まりです。京都府のキャラクターの“まゆまろくん”も来てくれて、まゆまろダンスを教えてもらい、みんなで音楽に合わせて楽しく踊りました。知事様には子ども達が一枚一枚手作りした葉っぱやきれいな花が咲き誇る『緑いっぱいの木』をプレゼントしました。知事室に飾っていただけるようです。また、連盟の理事長先生・副理事長先生と一緒にアトラクションにも参加してくださいました。大切な緑の森を吹き飛ばそうとする台風をやっつけるために知事様には太陽に変身していただき、森の精の子ども達と力を合わせ、緑の森を守っていただきました。木に見立てた大きな風船が空に向かってあがり、希望にあふれた大きな木に成長し、子ども達の笑顔がいっぱいの園児大会となりました。

開会中は、スムーズに進行することができ、大きな事故もなく大会を終えることができました。京都府文教課・植物園の皆様、連盟・協会役員の皆様、運営委員・実行委員の先生方には多大なご尽力をいただき、心よりお礼申し上げます。また、ご協力をいただいた各園の先生方も本当に、ありがとうございました。

【担当理事  熊谷知子・渡邊大修・内山真澄】

IMG_7869 IMG_7902
IMG_7950