沿革

1943年(昭和18年)2月
京私幼協会の前身である「京都府幼稚園教育報国団」が、
京都市岡崎公会堂で発足


1946年(昭和21年)4月
京都府私立幼稚園報国団を「京都府私立幼稚園協会」と改称し、
新しく発足
1949年(昭和24年)9月
京私幼研究部発足
1951年(昭和26年)11月
現在の「がいが展」の前身にあたるフレーベル100年祭記念幼児画展を
丸物百貨展において開催
1953年(昭和28年)4月
私立幼稚園新設相つぎ、新加盟園数30園に及ぶ、園児数10,000名を超える
1953年(昭和28年)10月
京私幼協会創立10周年記念式典を民生会館において開催
1954年(昭和29年)
加盟園数100園をこえる
1959年(昭和34年)9月
機関紙「京私幼」現行の「月報」の前身を発行
1960年(昭和35年)3月
保護者会連合会創立総会(現在の京都府私幼PTA連合会の前身)を開催
1960年(昭和35年)8月
京都府、京私幼共催による第1回京都府私立幼稚園教育研修大会開催(京都女子大学)
1962年(昭和37年)5月
植物園開園1周年第1回園児大会を京都府共催のもとに植物園で開催
1963年(昭和38年)5月
創立20周年を記念して京私幼協会歌を制定>
創立20周年をむかえる

1965年(昭和40年)4月
園児数が20,000名を超える
1967年(昭和42年)3月
研究部の年間報告書「研究紀要」を発行(以後毎年発行)
1973年(昭和48年)5月
協会創立30周年をむかえる


1975年(昭和50年)9月
京私幼PTA連合会第1回バレーボール大会祭開催(以後、毎年継続)
1979年(昭和54年)4月
第一回新任教諭研修会を開催、この年より府との共催にて、7月に府立ゼミナールハウスにおける、夏期集中研修会を開催することとなる
1980年(昭和55年)4月
社団法人京都府私立幼稚園連盟の設立許可書を京都府教育委員会より交付される


1983年(昭和58年)5月
連盟創立40周年をむかえる
1993年(平成 5年)5月
連盟創立50周年記をむかえる
1993年(平成 5年)5月
京私幼事務局は京都私学会館(新会館)が下京区室町高辻の現在地にオープンしたのを期して移転
2003年(平成15年)5月
連盟創立60周年をむかえる
2013年(平成25年)4月
公益社団法人へ移行


2013年(平成 25年)11月
連盟創立70周年記をむかえる