活動報告

第3回『京私幼アートリレー』

 第3回『京私幼アートリレー』の講師の先生は、「かおノート」「やさいさん」「パンダ銭湯」などの絵本で有名な、tupera tupera (ツペラ ツペラ)さんです。今回は屋外の公園でのワークショップで、公園に落ちている葉っぱやドングリなどの自然物を使い、くじ引きの条件にあった【顔】を作るというユニークな内容です。

 初めに「やさいさん」の読み聞かせをご本人にして頂き、盛り上がったところで、今回のワークショップの中身を説明し、作り方の見本を見せて頂きます。その後、“顔のパーツとして使えそうな素材”を探してみんなで公園内を散策、収集し、顔の材料を揃えます。

 材料が揃ったら、一人ずつクジ引きで「なまえ」「せいかく」「とくちょう」という3つのキーワードを引き、どんな顔を作るかが決まります。その条件に合った顔をイメージしながら、先ほど公園から拾ってきた落ち葉やドングリなどの自然物を使って顔を作っていきます。
子ども達はこちらが助言しなくても、どんどん個性的な顔を作りあげていき、出来上がりは何となくクジ引きの条件に合っている様な印象を受けるユニークな顔がバラエティ豊かに出来上がりました。

 最後にツペラツペラさんによる大きな岩や切り株を使った顔づくりも見せていただき、最後まで本当に楽しいワークショップとなりました。

 ツペラツペラさん、楽しい時間を子ども達と共有してくれて、本当にありがとうございました。

かい画展担当理事 櫻井 修