活動報告

第49回京都府私立幼稚園かいが展


 第49回京都府私立幼稚園かいが展は、平成24年2月1日から6日までの会期で、京都髙島屋グランドホ-ルで開催されましたが、会期中には、山田啓二京都府知事様をはじめ15,000名近くの大勢の来場者があり、大変会場内が賑わいました。
 今回のかいが展のテーマは『こどもがまんなか ―夢と希望の世界に向かって―』とし、「園児の絵画」は総数1,101点の力作が集まり、「地区コーナー」ではそれぞれのテーマに添った作品が展示され、地区ごとの力の結集が感じられ、見ていて楽しいものばかりでした。
 入口では子供たちの夢と希望を表現したり、園児たちのかわいい笑顔の画像を映し出したりし、「幼稚園の紹介コーナー」ではフォトフレームを使用して、各園の紹介写真を3枚ずつ見ていただきました。また、土曜日と日曜日に特設ステージで行われた「お楽しみ会」や「こどもがまんなかコンサート」では、楽しい音楽の演奏の他、パネルシアターや手品などもあり、大変盛り上がりました。
 平日には様々な角度から子供たちを中心に考えるテーマで「おかあさんのためのミニ講座」を4講座開き、今回の新しい取り組みの運営委員の先生による「絵本の読み聞かせ」も行いました。そこでは、絵本の読み聞かせのみならずパネルシアターや手遊びまで披露していただき、喝采の拍手や声援を見物の子供たちからいただきました。
 昨年3月に起った東日本大震災の被災者宛の「メッセージカード」につきましては、趣旨に賛同していただいて、心が温まるたくさんのカードを作成していただきました。メッセージカードは2月9日に連盟の役員から福島の私立幼稚園の団体に手渡され、そこを通じて被災者のお手元に届けられる予定です。
 最後になりましたが、6日間の会期を無事終える事が出来ました事は、ひとえに皆様方の格別のご理解をいただき、各委員の先生方を中心に事前の準備から会期中のお手伝いまでのご協力のお蔭と思い、役員一同心より感謝し、厚くお礼申しあげます。今後も子供たちの思いの込められたかいが展にしていきたいと考えておりますので、引き続きご指導いただきますようお願い申しあげます。

報告者 かいが展担当理事 豊田 和彦 菅原 好章

平成23年度 第10回新規採用教員研修会・修了証交付式

平成24年1月18日(水)京都私学会館地階大会議室において、最終の講座が開催されました。
今回の研修は全日本私立幼稚園幼児教育研究機構理事長 田中雅道先生から、「教育要領、教育課程、指導計画の関連性」というテーマで、指導計画の立て方を学びました。
設定保育、自由保育、一斉保育の言葉の整理後、具体的な活動を例に出しながら、計画の立案実行、反省評価などのポイントを聞かせて頂きました。
引き続き研修課程修了証交付式が開催され、京都府文化環境部文教課 稲垣勝彦課長から、修了証書が授与され、代表として川西幼稚園 御厨愛未先生が受領されました。
その後各受講者が班に分かれて、運営委員とともに新採研の振り返りを行い、ひとりひとりの思いを1分間スピーチで伝え合い、今年度の研修を終えました。
年度当初85ヵ園169名の新採教員の登録がありましたが、1月の登録時に80ヵ園154名となり、最終的に142名が修了されました。

報告者 担当理事 松永昌子

新春名刺交歓会

平成24年1月7日(土)午後1時より京都ガーデンパレスにおいて恒例の名刺交歓会を開催。
京都府知事山田啓二様、京都市長門川大作様をはじめ、私立幼稚園の振興にご尽力いただいている衆議院議員伊吹 文明様、参議院議員西田昌司様、京都府議会議長近藤永太郎様、京都府私立幼稚園教育振興議員連盟の渡辺邦子様以下、多数の府議会議員の先生方、国会議員秘書の皆様、また中井敏宏京都府文化環境部長、在田正秀京都市教育委員会教育次長を始め、日ごろ幼児教育の充実に向けてご指導・ご支援をいただいている行政の皆様方や「はのんの会」、京都府・市私立幼稚園PTA連合会より、多数の皆様のご出席を得て、総勢116名に及ぶ新年の門出にふさわしい祝賀会となりました。ご臨席賜りました皆様から京私幼連盟への激励の言葉をいただき、参加者一同、感慨も新たに、子どもの未来の扉を開くため子育て保育のあり方を社会に訴えていくことの大切さを再認識いたしました。
おわりに、このように盛会裡に開催できましたこと、これ偏に当日参加いただきました多くの会員の皆様方のおかげと感謝しております。

平成23年度 第10回幼児教育相談研修講座・修了式

 平成23年12月8日(木)京都私学会館で第10回目の講座が開催され、最初に講座の総括として全日幼児教育研究機構田中雅道理事長から幼稚園の教育要領を中心にお話され、第10講では「保育の心」の題で聖母女学院短期大学教育嘱託教授河嶋喜矩子先生から講義を受けました。長年、幼稚園で保育をされてきたご経験に基づき、受講者の心に残るお話でした。
 また、この講座は教員免許状更新講習を兼ねており、受講者55名が講義終了後筆記試験に取り組みました。
 その後、ホテル日航プリンセス京都において修了式が行われ、39名の登録者全員がめでたく修了証書(盾)を手にされました。

京都府私立幼稚園連盟 全体研修会

 平成23年12月7日(水)京都私学会館地階大会議室において、平成23年度 全体研修会が開催されました。この日は110カ園122名の方が出席され、今日、喫緊の課題である「安全管理」、「学校評価」について研修を受けていただきました。 最初に安全管理の研修では、「幼稚園における安全管理」と題してエース損害保険株式会社リスクマネジメント室東克巳室長から管理下における事故の責任・対応・防止を、また、参考資料として「幼稚園チェックリスト」を示しながら具体的にお話されました。
 次に、川名マミ研究担当副理事長の進行で全日幼児教育研究機構田中雅道理事長、宮地健一まこと幼稚園園長の三人によるパネルディスカッション方式で「学校評価」に関する研修会が実施されました。24年度から加盟園全園が「学校評価」実施のかけ声のもと活発な研修会となりました。

第43回 乙訓地区私立幼稚園園児大会

報告者 乙訓地区理事 芳賀惠子

第26回国民文化祭・京都2011開会を3日後に控えた10月26日、向日市体育館において、第43回園児大会が開かれました。当日は朝の冷え込みが厳しく肌寒い一日でしたが、5歳児561名と保護者・教職員合わせて700名が参加する大会となりました。
第1部では山田啓二京都府知事様も大変お忙しいなか園児大会のために駆けつけてくださり、子どもたちや保護者の方々に心温まるご挨拶とお土産をいただきました。
第2部≪みんなで遊ぼう≫には国民文化祭PR隊長の『まゆまろ』ちゃんが3年目の登場となり、子どもたちのパワーが炸裂する楽しい一時となりました。熊や兎に変身した先生や来賓の方々と「ジャンケン列車」で館内を駆け回った後、「エビカニクス」を思い切り踊り、引き続きの「オセロゲーム」では、青・赤二色のチームに分かれて勝敗を競い合う5歳児らしい姿を思う存分発揮することができました。最後に保護者席に向かって全員で「ありがとうの花」を歌い閉会となりました。「エビカニクス」を上手に踊っていた『まゆまろ』ちゃんの姿が印象的でした。
今回の園児大会にお忙しい中ご臨席いただいた来賓の方々、文教課や連盟の皆様、そして実行委員会から関わってくださったすべての皆様に感謝申し上げます。

第27回 城南地区園児大会

報告者 城南地区理事 羽原大八

 10月20日(木)、爽やかな晴天のもと第27回城南地区園児大会が京都府山城総合運動公園「太陽が丘陸上競技場」で開催されました。
 京都府副知事山内修一様をはじめ、京都府や各市町からも多数のご来賓にご臨席いただくと共に、国文祭を直前に控えた「まゆまろ」ちゃんも応援にかけつけてくれました。
 24か園1915名の園児たちが、合唱・体操・かけっこ・フォークダンスなどを行い、普段会うことのできないおともだちと一緒に、貴重な体験をすることができました。先生たちのアトラクションでは、パラバルーンの演技で今年の流行曲「マル・マル・モリ・モリ」のダンスを取り入れ、子どもたちも一緒に踊って楽しむことができたと思います。
 園児大会は、京都府私立幼稚園の活動を多くの方々に知っていただく大切な機会であることを再確認すると共に、次年度に向け反省点を改善し準備を進めていきたいと思っております。今大会のためご尽力いただきました関係各位に、心より御礼申し上げます。

第2回かいが展講演会

報告者 担当理事 松原美佐子

 平成23年10月12日京都私学会館地階大会議室において75ヶ園141名の先生方の参加で、今年度も国際派の日本画家山本浩二先生を講師としてお招きし、第2回目のかいが展講演会を開催しました。
 9月末までイタリアのミラノでお仕事をされてお戻りになられたところです。大変ご多忙な日々を送られ、世界的に活躍されている画家で美術教育の第一人者でもあります。
 山本先生には「子どもたちは何を描いているのか?」の演題でスクリーンにこども達が描いた絵を映し、具体的にお話されました。お話の中で-絵の題材は何でもいい、感覚と記憶が子ども達に残る。また、先生と子供が一緒に考え、その中に子供の決定権を入れていく-といった子供中心に取り入れる大切さ、色の混色なども教えていただき、新しい発見もできました。
 講演会の後半では会場の先生方の意見や思いも聴いてくださり、今まで悩んでいたこともこれからの保育に少し自信が持てたようです。
 絵画を通して子供には無限の可能性を秘めているという山本先生のお話は、これからの保育にきっと生かされていくと予感がされる講演会でした。山本先生には、また、かいが展の「ポスター、パンフレットの絵」についても数枚候補を選んでいただきました。