活動報告

京都府下設置者・園長研修会

5月25日(金)~26日(土)、精華町にある関西文化学術研究都市の中核的交流施設、けいはんなプラザホテルを会場に府下設置者・園長研修会が行なわれました。

(財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構 理事長 田中雅道先生を講師にお迎えし、『こども園構想とOECD教育事情について』というテーマでご講演をいただきました。

こども園に関する情報について、書籍やインターネット等では間違いない最新の情報はなかなか得ることができません。同じ京都に田中雅道先生がいらっしゃることに改めて感謝する次第であります。研修会では質疑応答も積極的に行われ、分からないことが分からない状態から、理解がすすんだと思いますが、自身でこども園のことを語るには、まだまだ勉強が必要だと感じました。

そして懇親会は会場を移し、同じ精華町の料亭 酔月にて開催いたしました。マジックやスタンディングスタイル?での落語で、参加された皆様は和やかに時を過ごしていただけたようです。色んな先生方と少しずつでもお話ができたことは貴重な経験です。

翌日は晴天のもと、ゴルフ組と視察組に分かれ、視察は国立国会図書館関西館と松伯美術館へ行き、地元施設をご覧いただくことができました。

多くの方々のご協力のもと、何とか無事に府下設置者・園長研修会を終えることができました。お忙しい中にもかかわらずご参加いただきました、ご来賓ならびに連盟役員はじめ各諸先生方に城南地区園長会一同、心より御礼申し上げます。

次回開催される城南地区の府下振は4年後です。4年後の私立幼稚園の姿に思いを馳せ、いま私たちにできることを着実に積み重ねていきたいと思いました。

担当理事 羽原大八

  

第7回 京都私学振興会賞授賞式

日時  平成24年6月3日(日) 午後2時~3時30分
会場  京都私学会館 大会議室ホール

京都私学会館で行われた第7回京都私学振興会賞授賞式で、私学振興会から京都府私立幼稚園連盟に特別賞をいただきました。

 2011年3月11日の大地震・大津波による未曾有の悲惨な状況に対し、京私幼は今何が出来るかを考え、「東日本ボランティアチーム」を直ちに結成し、「えほんのくるま」を相馬市へと走らせました。

被災地では子ども達の「ありがとう」の笑顔に、反対に励まされる思いがしました。

 子どもたちが再び笑顔で過ごせる日が来るように、京私幼はこれからも微力ながら出来る事を続けていきたいと思っています。
この度の取り組みに対して、名誉ある賞、ならびに奨励金をいただき、改めて御礼申し上げます。 

ボランティアチーム代表 橋川昌治

  

平成24年度京私幼PTA連合会総会・研修会開催

 平成24年度京私幼PTA連合会総会と研修会が,6月7日(木),ホテルグランヴィア京都にて開催されました。118園,841名の保護者で会場が埋め尽くされました。

 筑摩寿平成23年度京都府私立幼稚園PTA連合会会長より開会の挨拶の後,京都府知事山田啓二様,京都府私立幼稚園教育振興議員連盟会長渡辺邦子様のご祝辞をいただき,国会議員,府会議員の皆様をはじめ多くの方々をお迎えし開会行事を行いました。

 総会では,平成23年度の決算報告,平成24年度の役員・三役,事業計画案,予算案などの議案がすべて承認されました。筑摩会長をはじめ平成23年度のPTA三役・役員の方々に感謝するとともに,宇治川博美新会長のもと新役員の皆様の活躍をご期待いたします。

 続いて行われた研修会では,(財)全日本幼児教育研究機構企画・制作の,東日本大震災・幼稚園記録DVD「いつもの幼稚園に戻ること」の上映並びに,田中雅道理事長に解説をしていただきました。地域の幼児教育の核として幼稚園が復興に向けて様々な困難を克服していく貴重な記録です。大震災で傷ついた心が,“いつも”の幼稚園が戻ってくることによって癒やされていきます。多くの方々にも見ていただきたいと感じました。また,この記録映像は文科省特別選定に評価されました。

 総会・研修会に多数のご参加ありがとうございました。

副理事長 長澤宗一


 

  

事務局 (8月)業務のお知らせ、園長 就任、教員登録情報

事務局 (8月)業務のお知らせ
短縮業務(午前中)  平成24年8月6日(月)~ 7日(火)
夏期休業  平成24年8月8日(水)~18日(土)

※他の日は、平常業務です。なお、京都私学会館の休館日は8月11日(土)~16日(木)です。

園長就任
園長就任   学校法人 真宗大谷学園 大谷幼稚園   佐賀枝 夏文 就任

  

教員登録情報 (24.6.21現在)

 
一 般   8 人
パート   8 人

理事・園長 就任、ご寄付御礼、教員登録情報

園長就任
理事長就任   学校法人 グロリー学園 栄光幼稚園   井上與一郎   就任
理事長・園長就任   学校法人 京都聖三一学園 聖三一幼稚園   柳原義之   就任
園長就任   学校法人 舞鶴青葉学園 森の子ら幼稚園   岡野美紀   就任

  

ご寄付御礼

学校法人京都城南学園学園長・なるみ・向島幼稚園創立者 故 成瀬満春先生のご遺志として、なるみ幼稚園総園長成瀬美代子先生より、下記のご寄付をいただきました。

金 10万円也

 

ご冥福をお祈りいたしますと共に、連盟の運営活動に有意義に活用させていただきます。誠にありがとうございました。

学校法人真宗大谷学園大谷幼稚園園 故 藤田昭彦先生のご遺志として、ご令室藤田佳予子様より、下記のご寄付をいただきました。

金 10万円也

 

ご冥福をお祈りいたしますと共に、連盟の運営活動に有意義に活用させていただきます。誠にありがとうございました。

  

教員登録情報 (24.5.21現在)

 
一 般   10 人
パート   12 人

平成24年度 第2回新規採用教員研修会

24年5月19日(土)於:アヴェ・マリア幼稚園

午前の部 8:45~12:10 出席者75名
午後の部 12:45~16:10 出席者61名
講義 普通救命講習
講師 京都市山科消防署 応急手当指導隊 救護分団 計8名

担当理事 松永昌子・大橋弘典

開会式では「京都府の歌」斉唱後、午前は京都府文化環境部文教課小寺泰二副課長様、連盟副理事長川名マミ先生にご挨拶をいただき、大橋担当理事と共に研修のねらいを全員で読み上げました。

その後運営委員も加わり7グループに分かれて、改訂された新指導の箇所を教えていただき、救命救急法の獲得、心肺蘇生法、AEDの実践を一人ずつ丁寧に行い終了後 京都市消防局発行の普通救命講習修了証を各人いただきました。

午後の部では、連盟理事長藤本明弘先生に本日の研修で習得した事を、いろいろな場所で生かせる先生になって下さいと挨拶をいただき、午前と同様の講習を実施し第2回目の研修を終えました。


第51回中央園児大会

 今年度の京都府私立幼稚園中央園児大会は、第51回目の大会として5月10日に、京都府立植物園を会場とし、山田啓二京都府知事様のご臨席を賜り、園児・保護者・教職員総勢4,000名という参加をみて、2年振りの開催となりました。

 大会のテーマは、『こどもがまんなか』~今日の思い出を明日に~とし、前半はフィールド絵本やフィールドアスレチック・コーナー遊びなどで遊んでいただき、後半のセレモニーでは式典と「祭」を題材にしたアトラクションで楽しんでいただきました。

 フィールド絵本については、知事様がお越しになられたのがセレモニーの少し前でしたので、早くから「知事さんは何処ですか?」とか「知事さんはまだ来られないのですか?」などの質問をする園児もあり、頑張ってされている姿がありました。

 フィールドアスレチックやコーナー遊びでは、「夏祭り」風のものを取り入れましたが、沢山の園児が並んで順番を待たなければならないほど盛況で、特に魚釣りのコーナーが一番人気だったようです。

 セレモニーについては、開始直前に運営委員の先生による和太鼓の演奏で雰囲気を変えられて、式典が始まりました。その中で各園の園児たちに作っていただいたお花を素に製作した「お花飾り」を知事様にお渡ししたのですが、ミニ神輿の形をしていて、大変気に入っていただいたようで、知事室に飾っていただけるとの事です。また、アトラクションでは5体のきぐるみが登場して、知事様と連盟理事長・副理事長も手助けをいただいて、会場の園児たちと作ってきた楽器を鳴らしたり、大きな声で歌を歌ったりして、大いに盛り上がり楽しみました。

 会期中は大きな事故もなく、滞りなく大会を終える事が出来ましたのも、文教課・植物園の皆様、連盟・協会役員の皆様、運営委員・実行委員の先生方のご尽力いただいたお蔭で、心から感謝申しあげます。また、ご協力をいただいた各園の先生方にも、お礼申しあげます。ありがとうございました。

 次回大会も皆さんに楽しみ喜んでいただけるよう念じております。

園児大会担当理事 豊田和彦 菅原好章




  

平成24年度  第1回新規採用教員研修会

 本年度新規採用教員登録者159名を迎え、4月3日に研修会開会式並びに第一回研修会を、ハートピア京都(京都府総合社会福祉会館)に於いて、出席者141名をもって開催しました。

 始めに 松井明恵先生、松本さちこ先生による歌唱指導を受け、文教課 稲垣勝彦課長と藤本明弘理事長の主催者挨拶により 開会式を挙行しました。

 今年度の新採研は「子どもたちが憧れる先生になってほしい」をテーマに掲げ、子どもの遊びの環境を考えていきます。

 第一講は、文京学院大学の平山許江先生から「子どもとともに幼稚園教諭の役割」と題し 幼稚園教諭の心構え、社会人としての自覚やマナーをしっかりお教えいただきました。

 第二講は「命の尊さ、託された幼いいのちを守るために」と題し、京都府家庭支援総合センター所長の松村淳子先生に、現代の子ども達が置かれている社会や家庭の状況が変化し、子どもへの虐待にも注意しなければならない現状を教えて頂きました。

 昼食時には、12グループに分かれ 運営委員とふれあいゲームをし、「自己紹介と目指す保育者像」を発表しました。又先輩のお二人の先生から「先生も幼稚園も大好き」という子ども達のことばに力をもらった経験や 周りには助けてくれる人が必ずいるので、失敗を恐れず 乗り越えていく強さを持って欲しいとエールを送って頂きました。

 この日を幼稚園教諭の第一歩として、日々研鑽を積まれる事を願っています。

 28名の運営委員の先生を中心に意義ある研修になるよう努力してまいりますので、各園の設置者、園長先生には、ご指導ご協力のほど よろしくお願いいたします。

担当理事 松永昌子 大橋弘典 

  




平成24年度 研究総会

 4月14日(土) 満開の桜の花びらがしとしと雨にうたれながらやさしく迎えてくれる中、年度はじめの研究総会が、大谷大学講堂にて82ケ園579名の参加者を迎え盛大に行われました。

 藤本明弘理事長のご挨拶の冒頭、4月10日にご逝去されました大谷幼稚園の藤田昭彦先生へ追悼の言葉、そして参加者全員で黙祷し、心静かに哀悼の意を表しました。

 今年度も研究の京都にふさわしく「子どもがまんなか」を幼児教育の原点とし、教職員が保護者と共に取り組む重要性を示されました。

 続いて、川名マミ研究担当副理事長から今年度研究方針に基づき、教職員の研究会参加の協力を願う旨伝えられました。

 講演の部では、全日本私立幼稚園幼児教育研究機構理事長田中雅道先生より「子どもにとっての保育者の役割」と題し、新年度へ一歩を踏み出す際にもう一度しっかり見つめられる大切な内容をわかりやすく話していただき、幼児教育者として心を引き締めることができました。

 大切な一人一人の子ども達を見届け、教師として心を込めて取り組み、京都府私立幼稚園がより一層認められるよう取り組みたいと思います。

担当理事 木藤尚子


理事・園長 就任

就任の一言

森田和子理事

振興計画担当の柳原先生の後を引き継ぐことになりました。今日的課題検討委員会の大切な時に、私が大役を受けていいものかと心配しております。尊敬する素晴らしい先生方とともに微力ながら頑張ります。どうぞよろしくお願いします。


加藤彰子理事

任期途中ではありますが前園長退職の為、このたび新しく就任することになりました。大役に不安でいっぱいですが、諸先生方のご指導を受けながら頑張っていきます。どうぞよろしくお願い致します。

園長就任
学校法人 京都城南学園 なるみ幼稚園   吉田  祥子   就任
学校法人 あかね学園 あかね幼稚園   竹内 寿美子   就任
学校法人 成光学園 ひかり幼稚園   大橋 弘典   就任