Topics

【絵本の紹介】「どろだんご」 作者:たなかよしゆき 文 / のさかゆうさく 絵 出版社:福音館書店

 泥団子をつくるまでに、色々な泥あそびが入るのも子どもたちならでは!泥団子づくりの途中でひびが入り…
もう一度つくり直し…固くなるよう工夫して…一生懸命、大切につくったそれぞれの泥団子。最後のページで泥団子が大切に隠してあるところが描かれています。私の園でも色々なところに隠されている泥団子。子どもたちの楽しい気持ち、う
れしい気持ちがいっぱい詰まっていると思うと、心が温かくなりました。

本願寺中央幼稚園 高井 秀子

【絵本の紹介】「どろだんご」 作者:たなかよしゆき 文 / のさかゆうさく 絵 出版社:福音館書店 

  


【絵本の紹介】「とんでもない」 鈴木 のりたけ   アリス館

 人間の『ぼく』は、すごいところが一つも見つからない。サイはいいなぁ、鎧のような立派な皮があってかっこいい…。『とんでもない!重いんだよ。うさぎみたいにぴょんぴょん跳ねまわってみたいよ。』『とんでもない!跳ねすぎちゃって困ることもあるんだよ。』
 自分にないものはよく見えるけど、あったらあったで色々大変。動物たちの悩みを知りながら、自分はそのままで良いんだと思える絵本です。

洛東幼稚園  岸田 真理恵

【絵本の紹介】「とんでもない」 鈴木 のりたけ   アリス館

  


【絵本の紹介】「 まゆとおに」 作者/富安陽子 文・降矢なな 絵出版社/福音館書店 

 やまんばの娘まゆは、ある日鬼に出会います。まゆを食べてしまおうと企む鬼ですが、そうとは知らない天真爛漫
で純粋なまゆは鬼の企みをことごとく裏切っていきます。怪力の持ち主のまゆに威勢のよかった鬼も次第にたじたじになっていき、最後には何だか可愛く思えてきます。鬼とやまんばのイメージを覆し、クスッと思わず笑ってしまう微笑ましい一冊です。まゆを見守り、こっそり登場しているきつねにも注目して下さい。

太秦幼稚園 吉岡浩子

【絵本の紹介】「 まゆとおに」 作者/富安陽子 文・降矢なな 絵出版社/福音館書店 

  


【絵本の紹介】「 カイとカイサの ぼうけん」 エルサ・ベスコフ さく・え まつむら ゆうこ やく福音館書店

ehon_237

 むかし、森の奥深くにカイとカイサというきょうだいがすんでいました。二人はしょっちゅう枯れ木にとびのってあそびました。いたずらトテムのまほうで枯れた木は”かれきドラゴン”になり、二人がその背中にとびのると、ギ
シギシバリバリと音がして、かれきドラゴンが空に舞い上がりました。
 100 年以上も前にスウェーデンでうまれた絵本。優しい絵がお話の世界を膨らませてくれます。

向島幼稚園 小向井真理

「 カイとカイサの ぼうけん」 エルサ・ベスコフ さく・え まつむら ゆうこ やく福音館書店

  


【絵本の紹介】「 しおちゃんとこしょうちゃん」 ルース・エインズワース・さく こうもと さちこ・やく・え

ehon_236

二匹がお互いを見て成長していく様子が、双子が同じ格好や表情をしている挿絵や繰り返しの表現で表されて微笑ましかったです。

 しおちゃんとこしょうちゃんのように人間の子どもも冒険が大好きで色んな事に興味を持って挑戦できるのはいつも温かく見守り、困ったときには助けてくれるお母さんの存在があるからではないかと感じました。母や兄弟の大切さが伝わってきて読み終わった後には心が温かくなるような作品でした。

清水台幼稚園 伊藤千晃

「 しおちゃんとこしょうちゃん」 ルース・エインズワース・さく こうもと さちこ・やく・え

  


【絵本の紹介】「おいしいおと」  三宮 麻由子/ 文 ふくしま あきえ / 絵 福音館書店

ehon_235

 いただきま~す。そうそう春巻き、そんな音。
 ワカメ。うんうん、そんな感じ。
 食べもののホッカホカの様子やプリッと感、シャキシャキ、ニョロニョロ感まで。
 心地よいリズミカルな音に、思わずお腹の虫がなってしまう・・・。
 そんなおいしい、たのしい絵本です。              

コドモのイエ幼稚園  小林 千草

「おいしいおと」  三宮 麻由子/ 文 ふくしま あきえ / 絵 福音館書店

  


【絵本の紹介】「ふまんがあります」  作/ 絵 ヨシタケシンスケ 発行者 株式会社PHP研究所

ehon_234

 「わたしはいまおこっている。なぜなら、おとなはいろいろとズルいからだ。」
 「パパ!! わたしはふまんが あります!」の一声とともにどんどんでてくる大人に対する不満。
 「どうしてグリーンピース食べなきゃいけないの?パパだってうめぼし食べられないくせに!」パパ、
ピンチ!どう乗り越える!?
 「ああ…それはねえ…」
 子どもの「ふまん」に対するパパの「りゆう」がユーモアに溢れ、思わずクスッと笑ってしまう一冊です。
                 

 中川菜穂子

「ふまんがあります」 
作/ 絵 ヨシタケシンスケ 発行者 株式会社PHP研究所

  


【絵本の紹介】「 ぞうきばやしの すもうたいかい」 広野多珂佳子・作 廣野研一・絵

ehon_233

虫達の相撲大会が雑木林で開催されます。「のこった、のこった!」虫達がそれぞれの特性を活かして勝負します。カメ
ムシやダンゴムシなども登場し、いろんな虫相撲を見る事ができます。普段見る事ができない虫達のユーモラスな姿に「こんなことができるんだね!」と驚きを隠せません。
 最後には、大物のカブトムシとクワガタが勝負する場面も描かれており、迫力のある対戦に子ども達も目が離せません。どちらが勝つのでしょうか・・・?
 登場する虫達の体の大きさや手足の形などを見て、子ども達に虫達の相撲をする姿を想像させる場面がたくさん描かれている1冊です。
 

 井上 真衣(京和幼稚園)

「 ぞうきばやしの すもうたいかい」 広野多珂佳子・作 廣野研一・絵 

  


【絵本の紹介】「あさですよ よるですよ」 かこ さとし/ 作  (福音館書店) 

01-8300_01

 朝起きてから夜ねるまでの、えんどう豆の子どもたちのなんでもない日常。

 目に見えない時間や、子どもたちが生活に身につける様々なことを、場面ごとに情景が細かく描かれています。

 色鮮やかに描かれた絵から、一つ一つ見ているだけでお話が膨らみそうな絵本です。

 表紙、裏表紙にもぜひご注目!!

 吉川 捺美(永観堂幼稚園)

「あさですよ よるですよ」 かこ さとし/ 作  (福音館書店) 

  


【絵本の紹介】「 かぁかぁ もうもう」 丹治 匠 さく  こぐま社

かぁかぁもうもう_表紙_再入稿

からすの歌はかぁかぁかぁ。牛の歌はもうもうもう。もっと大きくかぁかぁかぁ!もうもうもう!声のかけあいのはずが、どんどんエスカレートして、楽しかったのにいつの間にか、意地の張り合いからけんかに。こんな光景、見たことありませんか?けんかはいつの間にか始まって、いつの間にか仲直り。そして最後に大笑い。そんな日常あふれる風景がこの絵本から読みとれます。読み手も一緒に楽しめるといいですね。

 中嶋 千里(かもがわ幼稚園)

「 かぁかぁ もうもう」 丹治 匠 さく  こぐま社

  


« 過去の記事