Topics

【輝く瞬間】 2018年 4月

くるみ幼稚園 園長 浅井健史

 
 春のやわらかな陽射しが降りそそぐ、卒園式を間近に控えたある日。園庭のコンクリートのすきまから、たんぽぽの黄色く可憐な花が顔をのぞかせています。それをみつけた年長児のA君が「見て見て!たんぽぽ、たんぽぽ!!」と周りの子どもたちにうれしそうに報告しています。「どうしてこんなすきまから花がさいているの?」とA君が尋ねると、先生が「たんぽぽはとても強いお花だからなんだよ」と応えていました。それから数日後、いよいよ卒園の日をむかえました。
入園当初は一から十までお手伝いが必要だったA君、修了証書授与の際には一番大きな声で「ハイ!」と返事をし、威風堂々と修了証書を受け取ってくれたではありませんか。たんぽぽの綿毛のように、春のやさしい風にのって、それぞれの小学校へと旅立っていく子どもたち…。これからの人生においてもすてきなたんぽぽになって、立派な花を咲かせてくれることでしょう。