Topics

【新連載】3回シリーズ(2)

信頼をなくす「あとで型」

佛教大学 髙橋 司

 日本の幼稚園教育の父と言われる倉橋惣三は、「飛びついてきた子ども」というテーマで、次のような文を表しています。
 〝子どもが飛びついてきた。あっという間にもう何処かへ駆けていってしまった。果たしてあの飛びついてきた瞬間の心をその時ぴったりと受けとめてやったであろうか。”

 そんなことを考えてみたいと思います。
 保育者の中には、「あとで型」はおられないでしょうね。
 「先生、あのね。」
とそれだけ言っただけでこの「あとで型」の保育者は、「あとで、あとで、ちょっと待ってね。」と後回しにしてしまう保育者のことです。

 特に目の前の行事に追われたり、日々の生活の中で忙しい時に、「あとで型」が出てくるのです。

 もちろん、猫の手も借りたい、両手が塞がっている時にはなかなか対応できないのでしょうが、そんな時には、 「そう、ちょっと待ってね。このご用が済めばゆっくり聞いてあげるから。」とまずは納得させて欲しいのです。

 それを、「あとで」で終わってしまい、その「あとで」は、用事が終わっても果たされないことはよくあるこ