絵本の紹介

「もみじのてがみ」作・絵 きくち ちき  小峰書店

 むこうの山からねずみに届いた真っ赤なもみじのてがみ。「ゆきふるの?」とねずみはもみじ探しに出かけます。
赤いきのこ、赤い椿…りすやひよどりと一緒に探しますがなかなか見つかりません。どこか不思議で温かみのあるイラストと色使いが物語の中へますます楽しく導いてくれます。動物たちの目の前に広がった真っ赤な景色。絵本を読んでいるこちらまで思わず声が出てしまうほどです。

コドモのイエ幼稚園  鮫島 奏子


「もみじのてがみ」作・絵 きくち ちき  小峰書店

「けんかのきもち」柴田愛子・文  伊藤秀男・絵

 たいとこうたは、仲良し。でも、二人は掴み合いの喧嘩をした。そして、たいが負けた。

 負けて悔しくてどうしようも無い。こうたは謝った。たいは謝られても悔しさで素直に仲直り出来ない複雑な感情がうまく描かれ、とっても共感できた。たいは、餃子を一杯食べて喧嘩の気持ちが終わった。そして、二人は仲直り出来た。

 でも、最後にたいのつぶやき「でも、今度は、きっと僕が勝つ。」

葉室幼稚園 西谷純子


「けんかのきもち」柴田愛子・文  伊藤秀男・絵 

『ゾウとともだちになったきっちゃん』入江 尚子:文 あべ 弘士:絵 福音館書店

 “動物って、今何を考えているんだろう?”と、想像した事はありませんか?
 この絵本では、動物園のゾウを観察し続けたきっちゃんが、少しずつゾウと心を通わせていきます。
 例え言葉は分からなくても表情や仕草で思いを感じ取ったり、相手を思いやる気持ちを持つ事で心の距離が近づいていく。
もしかして?とゾウの気持ちを考え寄り添おうとするきっちゃんの姿が、読む人の心を温めてくれます。
大人の心にも響く一冊です。是非、あとがきまで。

洛陽幼稚園 川田 恭実


『ゾウとともだちになったきっちゃん』入江 尚子:文 あべ 弘士:絵 福音館書店

『かなへび』竹中 践 文/石森 愛彦 絵

 かなへびの1年の過ごし方が描かれている絵本です。

 絵本の中でかなへびがバッタを見つけ、ぱくっ! と捕まえる時、バッタの驚いている表情に思わずクスッと笑ってしまいました。その後、今度はかなへびが猫に捕まえられそうになり、しっぽが切れてしまいます。

 切れたしっぽがくねくねと動いている様子に、子ども達はビックリするのではないでしょうか?この絵本を通して、かなへびや生き物に興味を持つ子が
増えてくれればと思います。

いずみ幼稚園 中川希代子


『かなへび』竹中 践 文/石森 愛彦 絵 

『あめだま』作:ペク・ヒナ  訳:長谷川義史

 ひとりであそぶんもわるくない。だれもなかまにいれてくれへんし。

 淋しさに知らん顔をし、周りに心を閉ざしていた少年ドンドン。
そんなドンドンが出会ったのは、模様が示した人や物の心の声が聞こえる不思議なあめだまでした。知らなかった相手の『思い』にドンドンの心もあめだまのように少しずつ溶けていき…最後に残った透明のあめだまが示す思いとは?読んでいる人の心もするすると溶けていくような透き通ったストーリーと、表情豊かな人形で作られたページがインパクトに残る1冊です。

衣笠幼稚園 坂井麻衣


『あめだま』作:ペク・ヒナ  訳:長谷川義史

『まどのむこうのくだものなあに?』 福音館書店  さく:荒井真紀

 「まどのむこうのくだものなあに?」で始まるこの絵本。この絵本はたったの一文しかありません。
小さな窓からちらりと見えるくだもの。「どんなくだものがでてくるかな」とワクワクしながら子どもたちの想像の世界が広がります。

なんとこの絵本、裏表紙側から見ることもできるんです!反対側から見るとくだものの実の部分が小さな窓から見えますよ。いろいろな見方ができるこの絵本、子どもたちと一緒に楽しめる一冊です。

小野幼稚園 中西彩香


『まどのむこうのくだものなあに?』福音館書店  さく:荒井真紀

「とん ことり」 筒井頼子 さく 林 明子 え

 かなえは、山のみえるまちに、引っ越してきました。

お父さんとお母さんと荷物の整理をしていると、玄関の方から、“とん ことり”と小さな音がしました。
玄関をみるとすみれの花束が届いていました。それから、毎日“とん ことり”と音がして、たんぽぽや手紙が届きました。ある日、また“とん ことり”と音がして、かなえが玄関にいくと女の子を見つけました。

 新しい友達との出会い、心が温まるお話です。

浄福寺幼稚園  丸居 安里菜


「とん ことり」 筒井頼子 さく 林 明子 え

「ありこのおつかい」石井桃子 作/中川宗弥 絵  福音館書店 出版

 ありの“ありこ”がおつかいに行きました。遊びながら歩いているとかまきりの“きりお”の足を引っ張ってしまい、きりおに食べられてしまいます。

きりおとお腹の中のありこが喧嘩をしていると、自分の悪口を言われていると勘違いしたむくどりの“むくすけ”がきりおを食べてしまいます。

同じように次々に大きなものに食べられてしまうのです…!

 食物連鎖や弱肉強食を連想させながら、最後にはくすっと笑ってしまう可愛いお話です。

東山幼稚園 橋詰里菜


「ありこのおつかい」石井桃子 作/中川宗弥 絵  福音館書店 出版

「タコやん」富安陽子・文/南伸坊・絵/出版社 福音館書店

 しょうちゃんの家にある日突然やってきた、タコやん!
最初は相手にされないタコやんでしたが、ゲームをさせれば、見事に使いこなす、公園に行けば、サッカーのゴールキーパーとて、大活躍‼︎

 次から次へと遊びをこなしていくタコやんの姿はなんとも痛快‼︎

 ノタコラ ペタコラ ステテンテン…などのオノマトペも面白く、大人も子どもと一緒にワクワクできる、楽しくて痛快な絵本です。

衣笠幼稚園 草木早知子


「タコやん」富安陽子・文/南伸坊・絵/出版社 福音館書店

「しんせつなともだち」方ふあん 軼いー羣ちゃん・作 君島久子・訳 村山知義・画 福音館書店

 雪の降る寒い冬に、ふたつの“ かぶ”を見つけた子ウサギ。ひとつは食べて、もうひとつは、この寒さで食べ物がないでしょう、と心配してロバさんの所に届けに行きます。動物たちが、次から次へと優しさを届けにいく、心があたたかくなる素敵なお話。
 人に親切にすると自分に返ってくる。小さな子どもたちにも分かりやすく「親切」の形が見えてくるお話しです。子どもたちにも、この優しさが届くといいなぁと思います。

さくら幼稚園 教諭 吉楽祐子


「しんせつなともだち」方ふあん 軼いー羣ちゃん・作 君島久子・訳 村山知義・画 福音館書店