新連載

「教育実習における学び」 3回シリーズ(2)

「教育実習における学び」

稲垣 実果

 教育実習は保育・教育の現場に赴き、子どもとの触れ合いのなかで自らの心と身体を使い、能動的・積極的に学ぶ実践的な体験です。私はこの数年、養成校での実習授業を担当致しております。実習に臨むにあたり、学生は初めのうちは緊張・戸惑いの連続ですが、子どもたちの育ちや豊かな発想に対する驚きや、現場の先生方の子どもたちに対する深い配慮を目の当たりにし、保育・教育の奥深さ・面白さを感じるとともに職務の重さ・尊さについても体感するようです。

 実習は、実習生にとって学内で学んだ知識を実習の場で実践する場ではありますが、子どもと遊ぶ、絵本を読む、歌唱指導をするなど一つひとつのことがうまくいかず、子どもたちの反応も想定外のことばかりです。しかし、現場の先生方のご指導を受け、自分の保育を振り返り改善の努力を行うと、子どもたちの反応が変わり、そのことでわずかながらも自身の成長を感じ、今後の糧になるというとても貴重な経験をさせていただいております。ある学生は、実習の事後報告で以下のように報告してくれました。「前回の実習では部分実習の手遊び・絵本の読み聞かせをさせていただき、その時は手遊びをしているとき、一部分しかみられていなかったり、自分と子どもたちのしている手遊びが違い、止まってもう一度はじめからやり直したり、絵本を読む声が小さかったり・・・中略・・・季節感を見落としていました。今回はその反省を活かし、声を大きくすることを心がけたり、全体を見渡したり、アクセントをつけたり、自分の気持ちを変えてみたり、絵本も季節感を考えて選びました。反省会のときに先生方から私の表情に“楽しい絵本を読むよ”という雰囲気が表れていて、子ども自身も興味が沸き、絵本に集中できていたと言っていただきました。これからもたくさんの経験をつんで、自分の力を磨いていこうと思いました。」

 このように学生は実習における日々の実践のなかで、はじめて気づいたこと・予測しなかったことなどから自身が一方的な思いで行っていた関わりを見直し、新たな課題を設定し、今後の学びにつなげていくということを繰り返しながら少しずつ実践力を培っているのではないかと思います。

 積極的、能動的に学ぶ姿勢というものは、大学内における講義等の学習だけではなかなか身につきません。実際に、子どもたちの豊かな反応や現場の先生方の保育に直接触れることで自身の課題に気付き、それを乗り越えるという実習での体験が不可欠であると思います。またそのような経験を重ねることで、「未来の保育者・教育者としての自覚」の芽生えがみられ、実習後大きく成長を遂げる学生も少なくありません。実習に多大なご協力を頂いている現場の先生方に心から感謝申し上げますとともに、養成校におきましても成長過程にある学生の学びを支えるような実習指導の実現に努めてまいりたいと思っております。

  

3回シリーズ(1) 「自分をコントロールするとは?」 稲垣 実果

「自分をコントロールするとは?」

京都聖母女学院短期大学 児童教育学科 講師
                稲 垣 実 果

 子どもの自分をコントロールする力、つまり自己制御に関する代表的な研究のひとつに、1960年代から現在に至るまでアメリカで継続的に行われている「満足遅延テスト」というものがあります。実験者が子どもの目の前にマシュマロを置き、「これを食べずに我慢したら、あとでご褒美があります。だから、私が帰ってくるまで食べずに我慢してね。」と説明し、実験者が去った状況で、どれくらいの時間マシュマロを食べずに我慢できるかを測定する実験です。この実験の結果、4歳の時点で待機時間が長い幼児のほうが、10年後の学業や友人関係、様々な問題への対処能力が高いことが示されました。さらに、責任感に富み、ストレス状況下での生産性も高いことが明らかになっています。

 しかし、自分をコントロールする力とは、自己制御能力のみを意味するのでしょうか。心理学的には自分で自分の行動をコントロールする力には2つの側面があるという考えがあり、自分の意思・願望・感情を抑える自己抑制的側面のみではなく、“いやなことを主張する”“遊びたい遊びに他の子を誘って遊ぶ”などの自己主張・実現的な側面も含まれるともいわれています。柏木(1988)によると、この2つの側面は幼児期にそれぞれ異なった発達をみせます。自己主張・実現は、3歳から4歳後半にかけて急激に増加しその後の変化は少ないのに対し、自己抑制は3歳から小学校入学まで一貫してなだらかに伸び続けるということが分かっています。

 また、自分をコントロールする力の2つの側面の発達が子育て方略とも関係していることを示した研究もあります。水野・本城(1998)は、自己主張・実現面と自己抑制面の両方が発達している子どもは、子育てにおいて説明的しつけ方略が多く用いられていたことが示されています。

 以上のように、どのように自分をコントロールするかということが、その子ども自身の自己発達の中核を成すといっても過言ではないでしょう。またその力は、周りの大人の子どもに対する接し方にも多く影響を受けます。自己主張・実現的側面も自己抑制的側面も、自分の可能性を拡げていく上で、さらに人間関係を築いていく上で重要な側面です。それは子ども自身が、遊びやいざこざのなかで身につけていくものですが、周りの大人からの子どもの自己主張や自己効力感(~できるという気持ち)を支えつつ、自分をコントロールする力を少しずつ身につけられるような援助も必要なのではないでしょうか。

『青年教職員とともに進みましょう』4回シリーズ(4)

『青年教職員とともに進みましょう』

日本児童文学者協会会員
                  中西  実

 わたしは、5年前から、京都市内で『せんせのがっこ』(中西教室)を立ち上げ、青年教師の実践力を高めるための学習会を組織しています。かつてわたしが青年だったころも、ベテランの先生方に随分叱咤激励されて支えられてきましたから、その恩返しのつもりで活動しています。

 さて、近年、ヨーロッパのある国の洞くつで、大昔に書かれたと見られる大きな落書きが発見されました。そこに記されていたことばは、「最近の若者は、なってない!」。この事実からもお分かりのように、いつの時代も若者は非難されやすい対象であるようです。でも、果たして、ほんとうにそうなのでしょうか。阪神・淡路大震災や東日本大震災などで、すぐ現地に飛び、献身的に救援活動をしているのは圧倒的に青年たちだし、文化やスポーツなどで大活躍している青年もたくさんいます。

 ここで、中西教室に熱心に参加してくれている青年を二人紹介しましょう。一人はTさん。東京の会社で数年働いてきたのに、何気なく読んだある教育書に感化され、苦労の末、教師の道に入ってきた青年です。まだ数年しか経っていないのに、すばらしい実践をしています。実は、先月の『せんせのがっこ』の例会で実践報告をしてもらったのですが、その内容といい、進め方といい、わたしなんかがいなくても、すばらしい学習会になっていました。もう一人のYさん。彼女は、講師時代がわたしと同じ職場ということもあって、何かにつけてわたしを頼ってきてくれました。「この学級通信、真っ赤に添削してください」、こんな要求もしてきました。苦手なピアノにチャレンジするなど、学ぶ姿勢も人一倍あり、砂漠に水がしみ込むように何でも自分のものにしていく人でした。(この人の実践は、三木順子という仮名で、3冊目の拙著『笑顔あふれる子育てのひ・み・つ』にくわしく紹介している。興味のある方はご一読を)

 さて、これからの教育界は、いろんな意味で厳しさを増していくことでしょう。でも、未来は明るいとわたしは感じています。なぜなら、情勢が厳しければ厳しいほど、青年たちは貪欲に学んでいくし、仲間たちと力を合わせて困難を乗り切っていくようになるでしょう。もちろん、壁にぶつかった時には、その都度、的確なアドバイスをしてあげたいものです。でも、そんな場合でも、「君は弱輩者だから、わたしが教えてあげる」というような高圧的な姿勢はとりたくありません。わたしたち自身に、青年たちからも謙虚に学ぶ姿勢がいります。まさに、「切磋琢磨」。お互いが信頼しあえる関係になれば、すばらしい教育実践が展開されていくのではないでしょうか。

 ともに、明日を夢見ながら進んでいきましょう。